アルプスピアホーム本部ブログ

2013年04月

皆さん、こんにちは

先週の25日に我が社月例行事。
スタッフ皆で集まる全体会議がありました。

その全体会議の中には、『入社バースデー』というものがあります。
過去にその月に入社した社員をお祝いしてくれるのです。

私は4月入社。今月2年ぶりに皆の前でお祝いして頂きました。
ありがたいですし何より嬉しいものです。
働いててよかったなぁと思います。

バースデープレゼントとして皆からのメッセージと
お花を頂けます。

このメッセージをお家に帰り、娘に渡してみました。
私が働きに出るようになり、一番影響を受けている
のは娘です。だから皆からのメッセージをまだ文字など
理解できないですけど、見せてみました。
(破かれはしないかとハラハラしていましたが・・・)
130425_202924
案外、真剣に見始めてくれました。
色々な柄のメッセージカードが楽しかったのでしょうか。

そして・・・
130425_203647
椅子に座り直し、姿勢を正し何回もパラパラ・・・
130425_203658
そして眠くなりました。。。
私達両親の子であることは間違い無いようです。
活字を見ると眠くなるDNAはしっかり受け継いで
おりました。
この後すんなり・・・就寝

皆のメッセージを感じてくれたのか、
母の大切なものだということを察したのか・・・
不思議な行動でした。

企画部 傘木

みなさん こんにちは

 

4月 新年度のスタートです

我々工事部も新体制に生まれ変わりました

 

先日、新体制に伴い事務所の席替えを行いました

今までの席とはガラリと替り気分一新です

 

さて、せっかく席も替わったことですし

この機会に机の引き出し中の整理をしよう

いろいろなものを引っ張り出して片付け開始

 

サッサと終わらすつもりでしたが

いざ始めてみると、机の中から懐かしいものがちょくちょく出没

スタッフから頂いたコメントとか昔取った資格証とか・・・

そんなものを見ていたらなかなかはかどらない

よく引越しとかで荷造りしている最中

思わず出てきた漫画本や雑誌をついつい見てしまうタイプ

また悪い癖が出てしまいました

 

そんなこんなで時間は掛かりましたが

机の中の整理整頓も無事終了

出来る人間の第一歩は整理整頓からです

まずは格好から 中身はこれからがんばります

 

工事部 福井でした

みなさん こんにちは

 

前回のブログで新しい現場の仲間であるパートナーさんのお話をしました

今回は新しい会社の仲間のお話です

 

4月 出会いの季節ですね

この4月我々にも新しい仲間が加わりました

我らが工事部のアシスタントIさん

そして経理のFさんです

 

アルプスピアホームでは新人スタッフさんには自部署、担当業務にとらわれず

他部署の研修、社内の全ての業務に関して研修を行います

会社の仲間がどんな仕事をしているのか知ることは

これから一緒に仕事をしていく上でも大事ですよね

当然、4月入社の2人も同様、現場に出ることはあまり無いかと思いますが

工事部の現場の研修を行いました

4bffd303.jpg

建て方が終わったばかりの現場
大工さんの工事がもうすぐ終わる現場

それぞれの現場でアルプスピアホームのお家造りについて説明しました

e1ee26b3.jpg

2人とも真剣な眼差しで、

普段あまり見ることのない光景に一生懸命耳を傾けてくれました

 edf1bff1.jpg


現場の研修も今後の2人の業務に役立ててくれると思います

Iさん、Fさん、研修まだまだ続きますが頑張ってくださいね

これから一緒に頑張りましょう

 

工事 福井でした

 

突然、弓道を初めたい
と家の人が言い出してから早一年

弓道教室に通いそろそろ自分の弓が
欲しいとのことで、長野まで行ってきました

グラスファイバーにカーボンそして竹と
色々な素材があり、お値段も色々。
その中でも一番驚いたのが、

矢のお値段

竹の矢が高いのは話で聞いてはいたのですが、

4本で10万円を超える物も

竹に羽を付けたこれが・・・

しかも羽に使われる鳥の種類でお値段が決まるとの事。

あれこれと私が店内を物色しているそばで
弓選びで悩む家の奥様

いつの日か私も一緒にやってみたいなと
ちょっと感じた一日でした

企画部の茅野でした。

皆さん、こんにちは

昨日の朝の出来事です。
我が家の娘の前髪を急遽切りました。

ちょっと前から数本の前髪が目にかかりそうで
気にはしていたのですが・・・

生まれて初めての『断髪』
何となく落ち着いた雰囲気の中、記念すべき
感じでやりたいな~なんて思っていたら。
そしてその日を見計らっていたらいつまでも切れず・・・

でも昨日の朝、限界を感じまして慌てて
切ってしましました。

その慌てた結果・・・案の定失敗。

父ちゃんは
「あっでも女の子みたいになったんじゃない?」
と言って出勤していきました。

私・・・どう見てもより男の子な感じに
してしまったと思うのです。
言うなら『昔の坊ちゃん』みたいな感じ。

自分がどんな髪型にされたかしらない娘は
視界が良好になりニコニコでした。

その様子に罪悪感を感じる母なのです。。
130425_083025
企画部 傘木

このページのトップヘ